不倫の慰謝料を高額で請求するには証拠が必要です

夫(妻)が不倫しているということが露呈した!どうしても怒りの気持ちが収まらないあなたは、配偶者の不倫相手を追及して慰謝料を取ってやろうと考えました。とはいっても、慰謝料はどのような手段によって請求して、相場はいくらくらいになるのでしょうか?慰謝料には基準なし! ・慰謝料というのは、
不倫をしていた夫(妻)の方に精神的苦痛を受けた分として請求する損害賠償金のことです。夫(妻)や不倫した相手に対して慰謝料を要求することは、不貞行為を行ったことに対するそれに見合う損害賠償の請求として法律でも認められていることなのです。・実は、不倫相手への慰謝料請求ついていえばはっきりこれと規定されたものはありません。
ですから、過去にあった裁判事例などによって相場を決めることになります。 ・不倫が実際にあっても不倫相手と別れて結婚生活を維持することにした場合は50〜100万円、不倫が理由となって別居することにした時は100〜200万円、不倫が理由で離婚することにした時には200〜300万円、ほどが妥当な金額とされています。・ただし、これはあくまでも裁判になった際の相場になるので、相手側との
話し合いをした上での示談ということになれば、受け取る慰謝料の額は数十万円の少ない金額からときに億単位の大金になるということも考えられます。慰謝料の額が増減される場合受け取れる慰謝料の金額は、その時々の状況によって増減されます。・配偶者と不倫相手に大きな年齢差があるほど、
慰謝料は高額になるようです。年齢が高い方に若い方より思慮分別があるとみなされたり、不倫において主導権があるとみなされるためです。・婚姻期間が長ければ、高額な慰謝料になります。婚姻期間が長ければその分の精神的に受けた苦痛が大きいとみなされ、離婚することになった場合に再スタートすることも、より困難なことになると考えられるためです。
・不倫発覚前までの結婚生活が円満であれば、より金額は高額になるでしょう。一方で不倫する前から別居していたり夫婦仲が悪く家庭生活が破綻しているような時には、不倫をしても不貞行為とみなしてもらえずに、支払われる慰謝料が安くなるか、下手をすると全然取れなくなる可能性も十分あるのです。・夫婦間に子供がいるような場合には、
慰謝料の金額はさらに増える傾向がみられます。親の不倫が原因となり子供の心に与えるかもしれない影響が考慮されるからです。また、不倫の夫(妻)と不倫した相手の間に子供がいた場合には増額となる要素となります。・その他に、不貞行為がどの程度のものかとか期間がどれくらいかでも増減するでしょう。そしてまた、
夫(妻)または不倫相手の社会的地位の高さや資産があるかないかで慰謝料の金額の増減に関係があります。

 

 

不倫相手に対しての慰謝料請求の方法について

 

 

もし不倫相手と直接会うなどして話すことができるなら、きちんと話し合って和解した上で慰謝料の金額を決めていくほうが裁判をせずに済みます。慰謝料の金額がはっきり決まれば、
示談書を作成して、決して配偶者に近づくことがないように誓約をさせることが必要です。・直接相手と顔を会わせられない状況にある時には、内容証明郵便を作成して送り慰謝料を請求することになります。内容証明郵便は証拠として法的に利用できますので、できるなら弁護士や行政書士などの専門家に頼んで作成してもらう方が賢明といえます。
・内容証明郵便を送付しても反応がなく慰謝料を払ってくれなかったり、その後も配偶者との交際を継続しているなら、自分が住んでいる場所の簡易裁判所に調停を申し立てることになります。いずれを選ぶとしても、慰謝料請求することにしたときは、不倫問題に詳しい弁護士などに間に立ってもらうのが最も賢明な選択といえるでしょう。